目次に戻る 掲示板で質問する

日本からフランスへ、南仏へ

無題ドキュメント
ページメニュー
  • エアラインの選択基準
  • AF(エールフランス)、JL(共同運航便)
  • シャルルドゴール空港での乗りつぎ
  • 欧州内での移動〜陸路・空路
  • パリから南仏へは陸路? 空路?
  • ニース空港に着いてから
  • マルセーユ空港に着いてから
トピックス

≫ KLM オランダ航空のサイト
≫ エールフランスのサイト
≫ ニース空港の公式サイト
≫ マルセーユ空港の公式サイト

≫ シャルルドゴール空港、乗り換えの実録動画

AF277便がパリに到着したときの機内アナウンス
≫ フランス語(音声ファイル)
≫ 日本語(音声ファイル)

どの航空会社を利用するか
エアラインの選択基準

■ 乗りかえ1回だけで行けるフライト

以下は、基本的に、安い順に並んでいます。

Emirates
Turkish Airlines
KLM Royal Dutch Airlines
Air France
British Airways
Swis Intl Air Lines
Austrian Airlines
Finnair
JapaAirlines ※
All Nippon Airways ※
Lufthansa

※ は日系。欧州内フライトは現地エアラインのコードシェアで対応。

■ 選択肢は広いが、値段や時間帯を目安に絞り込みましょう。なお、空路で複数のフランスの都市を巡るなら、AFが有利。

■ ドバイやイスタンブールとニースの間には直行便が飛んでいる。
最近の機内食はそれなりにがんばっています。

航空券の買い方
航空会社のウエブサイトで直接購入するのが一番安いようだが、容易ではない。払い戻し制限等、多くの制約があるので、落ち着いてやろう。

自信がない場合、多少割高でも旅行代理店を使うことをお勧めする。
【ヒント】
日本からパリ等のゲートウエイ空港までの運賃とおなじ金額でニースやマルセーユまで飛べる切符がお得。(国内を列車移動する方法より経済的)
【ヒント】
単純往復の他に、ニースへ入ってマルセーユから出るようなオープンジョウーも、おなじ金額で可能です。ただし、通常、パリ等の乗り継ぎ空港で降りて滞在する場合(ストップオーバー)には割り増しになる。
【ヒント】
コードシェア等によるものを含め、日本からニース等まで「通し」で発券してもらえると、パリ等のゲートウエイ空港では手ぶらで乗り換えができるので便利です。
【ヒント】
おなじ航空会社で一筆書きが出来ない場合(例えばエミレーツでニースに入ってパリから帰国)、フランス国内移動は、LCCの利用が有利かも。
【ヒント】
ネットでもっとも有利な航空券を見つけ出すのは大変。私は、通常、計画をはじめてから発券するまで2週間はかけている。「探せば探すほどいい切符が見つかる」というのが実感。
アルプスの上を飛行中。

シャルルドゴール空港での乗りつぎ

シャルルドゴール空港(CDG)には複数のターミナルがありますが、AFは国際便、国内便ともターミナル2です。

 AF国際線から AF 国内線への乗り継ぎ
AF(共同運航便を含む)のフライトは通常ターミナル2Eに到着する。

到着後ロビーに出たところには接続便のゲート案内がある。
フランス(正確にはシェンゲン条約の国)への入国手続きをした上で一般区域に出て、一般客といっしょになって長いコンコースを国内便の搭乗ゲートに進む。

乗り継ぎについて解説したサイトは多くあるので、不安な方は調べてみましょう。ただ、準備した地図を手にして歩くより、現場の案内サインに忠実に従うのが楽で確実。

 荷物と搭乗券
日本で荷物を最終目的地まで預けた場合、CDGでは荷物に触れることはない。また、国内便の搭乗券は日本の空港で発券されているはず。(共同運航便であってもおなじ)
 東京からニースに夜行便で飛ぶ
AF293便 羽田発 深夜 パリ着 翌日早朝 に乗り、パリで AF7700 に乗り換えるとニースには 8:45 に到着します。到着日が観光等に使えるので効率的です。(マルセーユの場合もこれに近い)

国内便始発までの待ち時間が長いが、最近は AF293便を出た場所に地上スタッフ(現地人)がいて、ターミナル2Fの待合場所まで誘導してくれる。(徒歩15〜20分) 
フライトの時刻やサービスは時々変わるのでご注意を。。

 国内便から帰国便への乗り継ぎ
出国手続きと保安検査に時間がかかるので、乗り継ぎ時間として90分はほしいところだ。なお、国内便はあまり遅れることはない。

 ターミナル1と2の間の移動
CDGVAL というトラムがつないでいる。

ターミナル間移動の実録動画
とまどいのつぶやき等が入っていて、とてもリアル。これを見ると、乗り継ぎに関する不安がかなり解消できる。
 鉄道への乗り換え
TGVの駅も郊外電車の駅もターミナル2の下にあります。
 日本のAFのサイト
http://www.airfrance.co.jp/


シャルルドゴール空港の公式サイト (英仏語)
http://www.aeroportsdeparis.fr/

他にも多くの日本語のサイトがあります。


ホールに出たところにあるモニター
各所にある案内標識
早朝の待合スペース
ニース行きフライトはここから出る
羽田からニースまで預けた荷物

の南仏へ行くならKLMがおすすめ

フランス国内のネットワークという観点では、エールフランスが一番便利です。しかし、以下の理由で、私はKLMの利用をおすすめします。

 両社はスカイチームとして経営が一体化されている。運賃体系は完全に一体化されており 「同じ会社」 と考えて差し支えない。

両社の 「良いところ取り」 をして、組み合わせた旅程を組むことが出来る。
 KLMの好ましい点

− 予約ウエブサイトが(AFより)良く出来ていて、使いやすい。
− スキポール空港は、シャルルドゴールに比べ、はるかに分かりやすく、フレンドリー。
− スタッフの話す英語が正統的で分かりやすい。

 AFのパリ行き夜行便はメリットが大きいので、帰国便のみKLMにする、というのが賢い選択かもしれない。
-

欧州内での移動〜陸路・空路
■ 空路
ニース空港、マルセーユ空港ともに国際空港で、国内外から多くのフライトが飛んでいる。

空港サイトでは、LCCを含むフライトスケジュールが確認できる。(LCCは通常のフライト時刻検索サイトでは出てこないことが多い)

パリ(シャルルドゴール、オルリ)と南仏空港の間は頻発している。ニースからはコルシカやレンヌを含む、多くの国内地方都市へも飛んでいる。

今時、スペインやイタリアと行き来するのも鉄道よりフライトがはるかに便利。(とりわけLCC)
■ 高速バス
ニース(空港)には、欧州各地から長距離バスが乗り入れている。これらのバスは、アヴィニョン、エクス、マルセーユといった国内都市に止まものもある。詳細は EuroLine 等のサイトで。なお、便数は少なく、国内区間のみの利用はできない。 

バスでの国内移動は不便で、パリと南仏を結ぶ高速バスは存在しない。
■ 鉄道
ニース駅からイタリアやスペインに乗り入れる直通列車すべて廃止された。例外として、ニースとブリュッセルやジュネーブとの間を走るTGVがあるかもしれない。
ニース空港には EasyJet が多く飛来する。

パリから南仏へは陸路? 空路?
■ パリからマルセーユやニースへの路線は航空会社と国鉄(TGV)は客の奪い合いをしている。

ニースへ
パリからニースへTGVで移動するのは1日仕事になり、車窓は退屈。空路か夜行寝台列車をおすすめ。

■ マルセーユへ
マルセーユへ行くには、TGVと航空機の優劣は微妙。アヴィニョンまでならTGVがいいかも。ちなみに、南仏ドットコム管理人は、パリと南仏の間の移動に鉄道を使うことはない。
■ LCCも選択肢
欧州域内区間の移動にはLCCも便利。

ただ、英語によるネット購入が原則なので、ある程度の覚悟が必要。とりわけ、キャンセルや変更、各種追加料金が必要など、付帯条件には注意が要る。
■ シャルルドゴール空港からTGVで南仏
シャルルドゴールから南仏に向かうTGVはパリ市内は通らないので、南仏へ直行するには便利。 (他にパリ・リヨン駅等から出るTGVが多数ある)
詳しくは、鉄道移動のセクションで。
EasyJet はパリ・ニース間を飛んでいる

ニース空港に着いてから

■ ニースのあるA-M県でバスに乗る の項目も参照


【2つのターミナル】
ニース空港には2つのターミナルがあり、エールフランスとEasyJet はターミナル2になります。他はターミナル1です。

ターミナル2はターミナル1の先で行き止まり。様子はグーグルマップでよくわかる

ニース空港の施設やサービスの詳細は下記で。
http://www.nice.aeroport.fr/

バスの案内は下記。
http://www.nice.aeroport.fr/Passagers/ACCES-PARKINGS/Acceder-a-l-aeroport-en-voiture-ou-2-roues/Bus-et-navettes/Rechercher-une-ligne

【市内への移動】
99番バス
国鉄駅行きのノンストップ。両ターミナルに止まる。(6ユーロ)

98番バス
海岸沿いのホテル経由マセナ広場行き。両ターミナルに止まる。(6ユーロ)

23番バス
国鉄駅を通る市内バス。時間がかかるが1.5ユーロで乗れます。
他の都市への移動】
空港からニース以外の南仏各都市に向かうバスの詳細は空港サイトで。
なお、カンヌやモナコ、マントンへは高速経由の便がおすすめ。
  • 高速経由モナコ、マントン (110)
  • グラース (500)
  • エクサンプロヴァンス、マルセーユ直行
  • ジェノバ (フランス語では、Genes と表記する)
  • ヴァンス (400 / 410)
  • 高速経由カンヌ (210)
  • 高速経由ヴァロリス、アンティーブ経由(250)
【カンヌ行きの200番バス】
市内からカンヌに向かう200番は空港に寄らない。ターミナル1の前を走る高架道路にバス停がある。

【ニース空港からタクシー】
ニース駅までタクシーに乗ると、3000円くらいのはず。

各社のレンタカーオフィスはターミナル2に隣接してある。 ターミナル1にはカウンターがあるだけ。

【ヴィルフランシュ、エズ、モナコ方面へのバス】

空港発の直通はモナコ経由マントン行きのみ。他は市内で乗り換える。

イタリアのジェノヴァ行きの高速バス
到着ホール
ターミナル1に停まる市内行き空港バス
ろした
市内に向かう空港バス

マルセーユ空港に着いてから

■ マルセーユ・プロヴァンス空港はそれほど大きくないが、ターミナルは3つに別れている。

ターミナル1と2は隣接しており、路線バスの発着場所は両ターミナルの中間にある。

■ 路線バスはマルセーユ・サンシャルル駅行き(およそ20分間隔)とエクス行き(およそ30分間隔)のシャトルと、サロンドプロバンス行などがある。

■ マノスク、ディーニュ方面にも運行されているが、アヴィニヨン、アルルへのバスはない。

■ 近年、Vitrolles Aeoport という国鉄駅ができた。空港からは、列車に接続してシャトルバルが運行されている。 Vitrolles Aeoport 駅には、アルルやアヴィニョン行きの普通列車が止まるが、便数は少ない。(列車時刻はTERのサイトで調べてください)

同空港に関する詳細な情報は下記で。
http://www.marseille.aeroport.fr/

レンタカーのオフィスは目の前の駐車場にある。

【プロヴァンス要部の鉄道路線図】

■ 
パリからマルセーユにはTGV専用線が来ています。 (図では水色で表記) マルセーユ・サンシャルル駅では、TGVのホームと在来線のホームは並んでいます。

■ マルセーユ・サンシャルル駅を出た在来線列車は、Vintolles 空港駅を通って Miramas に向かう。 Miramas からは、アルル、タラスコンへ向かう幹線と、Cavaillon を通って Avignon に向かう支線とに分岐します。

■ エクサンプロヴァンス市内駅やアヴィニョン市内駅(Avignon Centre)には、TGVは来ていない。 それぞれTGV専用駅を使う。
ターミナル外観
案内板
バス乗り場
バス乗り場
Vitrolles Aeoport 息のバス乗り場
Vitrolles Aeoport 駅