目次に戻る 掲示板で質問する

現地起点の日帰りモデルコース

無題ドキュメント
ページメニュー
  • ニース発日帰り帰り観光モデルコース
  • アヴィニョンから日帰りのお勧め観光コース
  • エクサンプロヴァンスから日帰りのお勧め観光コース
トピックス
ニース発日帰り帰り観光モデルコース
■ マントン 1日

マントン市内の観光だけなら、半日で足りる。後背にあるゴルビオ、サンタニェス、カルテラールなどの村を巡るには、たっぷり1日かかる。

ニースからマントンへは、電車で60分。
ニースからマントンへのバスは100番で、90分、1.5ユーロ。

ゴルビオ、サンタニェス、カルテラールの3つの村へは、マントンのバスターミナルからバスが通っているが便数は少ない。
http://www.carfenbus.fr/lignes-et-horaires.html

http://www.cg06.fr/cms/cg06/upload/servir-les-habitants/fr/files/903.pdf

■  モナコ 1日

王宮など、見所は多くある。

ニースからモナコへは、電車で40分。
ニースからモナコへのバスは100番で60分、1.5ユーロ。

ニースからエズ村を経由してモナコに至バスは112番だが便数は少ない。(平日のみ)

■  エズ 半日

ニースとモナコの間の高台に位置するエズ村は、中世のおもむきを残す典型的な鷹巣村。バスを利用すれば比較的アクセスは容易です。

-  ニースから
112番、モナコ行き  7往復 / 日、(平日のみ
http://www.lignedazur.com/ftp/lignes_FR/112.pdf

82番、Plateau de la Justice 行き  14往復 / 日
http://www.lignedazur.com/ftp/lignes/ligne%2082%20(au%2004%2005%2009).pdf

-  国鉄エズ駅から
83番、Plateau de la Justice 行き  8往復 / 日
http://www.lignedazur.com/ftp/lignes/ligne%2083%20(au%2016%2011%2009).pdf

- モナコから
112番、 ニース行き  7往復 / 日
83番は、エズ駅付近で100番と併走するので、マントン行き100番からの乗り換えも便利。

■  ボーリュとカップフェラ 1日

朝、ボーリュに行き、ケイロス邸を見学。サンジャン港まで海沿いにお散歩で移動。そこでお昼を取ってから歩いてロートシルド邸に行き見学。 さらにちょっと歩いて国道のバス停からニース行きに乗車。

ニースからボーリュを経由してサンジャン港に行くバスは、81番で便利。
http://www.lignedazur.com/ftp/lignes_FR/ligne%2081%20(au%2017%2005%2010).pdf

■  ヴィルフランシュ 半日

ニースから100番または81番バスあるいは電車ですぐ。何をするともなくゆっくりするのがいいだろう。 元気があればサンジャン方面に歩ける。 (その場合は1日コース)

■  バロック街道 1日

国鉄ニース・クネオ線を使ってロワイヤ谷の村々をめぐる渋いコース。
お勧めの村はソスペル、サオルジュ、タンドの3つ。1日で効率的に回るにはダイヤをよく調べる必要がある。

国鉄ダイヤ
http://telechargement.ter-sncf.com/Images/Paca/Tridion/Fiche_05_site_avril2013_tcm-27-86899.pdf

【モデルコース 〜 2013年夏のダイヤにもとずく】

ニース発 730
  
ソスペル着 819
ソスペル発 927
  
タンド着 1018
タンド発 1218
  
サオルジュ着 1242
サオルジュ発 1632
  
ニース帰着 1749
■ プロヴァンス鉄道 1日

お勧めの村はアノット、アントルボー、トゥーエットの3つ。

プロヴァンス鉄道は、運行間隔が長いので、プラニングはかなり大変です。
3個所回るために、朝、早くバスで出発することにしました。なお、日曜日なら、全体に遅いほうにシフトすることも可能です。 (日曜のみ運行のニース行きバスがあるので)

プロヴァンス鉄道
http://www.regionpaca.fr/uploads/media/Horaires_CP_Nice-Digne.pdf

【モデルコース】

ニース駅発 7時20分   770番のハイキングバス
 
トゥーエット・シュル・ヴァール着 815
トゥーエット・シュル・ヴァール発 1004 (ディーニュ行き)
 
アノット着 1039
アノット発 1231 (ニース行き)
 
アントルボー着 1248 昼食
アントルボー発 1620 (ニース行き)
 
ニース帰着 1750
■ ヴァンスとサンポール 1日

ニースからサンポール経由でヴァンスに行く400番のバスを利用する。
http://www.cg06.fr/cms/cg06/upload/servir-les-habitants/fr/files/400.pdf

これにトゥーレット村をくっつけるのもいいかもしれない。
ヴァンスからトゥーレットに行くバスのダイヤ。
http://www.cg06.fr/cms/cg06/upload/servir-les-habitants/fr/files/510.pdf

■ ビオット 半日

ビオットの村は国鉄のビオット駅から離れている。アンティーブのバスターミナルから7番のバスに乗るのがいい。
7番バスのダイヤ
   リンク省略

■ アンティーブとジュアンレパン 1日

ニースからは、国鉄または200番バスで行く。アンティーブとジュアンレパンは、連続している。
ジュアンレパンは海辺以外には特に何もない。 どちらかというと、海水浴場。

■ ヴァロリス 半日

アンティーブあるいはカンヌからバス。
アンティーブから 5番バス
   リンク省略

カンヌ駅前から 18番バス
   リンク省略

 グラース 1日

ニースから電車で直行できる。電車の終点はグラース旧市街から離れている。
ニースから直通バスに乗れば、1ユーロで町の中心まで入れる。
グラースだけなら帰りにカンヌに寄る余裕がある。

国鉄のダイヤ
   リンク省略

ニースからグラースへ行く500番のバスダイヤ
http://www.cg06.fr/cms/cg06/upload/servir-les-habitants/fr/files/500.pdf

カンヌからグラースへ行く610番のバスダイヤ
http://www.cg06.fr/cms/cg06/upload/servir-les-habitants/fr/files/610.pdf

グラースからバスあるいはタクシーでトゥーレット村を往復するなら、たっぷり1日コース。 ただ、トゥーレット村は、グラースからも、ニースからも、直行バスはない。

■ レランス島 1日

カンヌの沖にある2つの島をめぐるならたっぷり1日コース。島を直接結ぶ便はないので一旦カンヌに戻る。 サント・マルギュリート島にはきちんとしたレストランがある。サントノラ島ではスナックが売られている。

サント・マルギュリート島への船便
Trans Cote d'Azur 社
http://www.trans-cote-azur.com/cannes-ile-sainte-marguerite.php

サントノラ島への船便
下記(サントノラ島の僧院のサイト)で分かる。
http://www.abbayedelerins.com/index.php?niv1=7

■ サントロペ 1日

ニースからの日帰りはかなりきついが、可能。サンラファエルから延々バスに揺られる。

サンラファエル(国鉄)とサントロペを結ぶバスのダイヤ。
http://www.varlib.fr//ftp/FR_lignes/Horaires%20de%20la%20ligne%207601%20valables%20jusqu'au%202%20septembre%202013.pdf

驚くことに、サンラファエルに向けて、サントロペを出る最終バスは21hです。サントロペで夕食が楽しめますね。

夏だけカンヌとの間に船が走っている。

サントノラ島の修道院
サオルジュの村
ロートシルド邸
マントンの港
ケイロス邸

アヴィニョンから日帰りのお勧め観光コース
■ エクサンプロヴァンス 1日

バスで往復する。TGVでも行ける。

■ アルル 1日

国鉄またはバスで往復する。夕食後帰還するのも容易。

■ マルセーユ 1日

国鉄で往復する。夕食後帰還するのも容易。

■ カマルグ 1日

アルルからサントマリーまで路線バスがある。 しかし、ツアーバスを使うのが現実的だろう。

■ サンレミとアルピーユ山塊 1日

バスでサンレミへ。ゴッホの病院からレボーまでタクシー。レボーからタクシーでモーサンスへ下る。 アルル行きのバスに乗るが、フォンヴィエーユ(ドーデの風車)やモンマジュール修道院で途中下車が可能。 アルルからは夜の列車でアヴィニョンに戻る。(しかし、ツアーバスを使うのが現実的かもしれない)

なお、夏の間は、サンレミとアルルの間を、レボー経由のバスが走っている。

■ リルシュラソグルとフォンテーヌ・ド・ヴォーキュルーズ 1日

路線バスだけで1日で楽に両方巡れる。

■ ムスティエとヴェンルドン渓谷 1日

ツアーバスでのみ可能。

■ リュベロン 1日

ツアーバスを使わないで巡るのは相当に難しい。

■ シャトヌフ・ド・パプ 半日

ツアーバスを使わないで巡るのはかなり難しい。

■ オランジュ、ヴェゾン・ラ・ロメーヌ 1日

路線バスで行けるが、ツアーバスの方が現実的。

マルセーユ港
-
昼下がりのサンレミ
セナンク修道院

欧エクサンプロヴァンスから日帰りのお勧め観光コース
■ アヴィニョン 1日
高速経由のバスで往復する。TGVでも行ける。

■ マルセーユ 半日〜1日
頻発するシャトルバスで往復する。夕食後帰還するのも容易。

■ マノスク 1日
路線バスか国鉄で往復可能。

■ ルールマラン 1日
朝のバス(1便)で出かけて夕方のバス(1便)で戻っている選択肢のみ。

■ レ・ボー 1日
アルル行きのバスを利用する。 運悪くそのバスがレ・ボーを経由しない便だった場合、モーサンヌで降りてタクシーを使う。

■ リュベロン 1日
朝のアプト行きのバスで出かけて夕方のバスで戻っている選択肢のみ。
その間に巡ることができる村はおのずと限られてくる。ツアーバス利用が現実的だろう。

■ ムスティエとヴェルドン渓谷 1日
ツアーバスでのみ可能。

■ ラ・シオタ 1日
同名の国鉄駅は港から離れている。港へはオーバーニュからバスが出ている。 (エクサンプロヴァンスからオーバーニュはバスで直結されている)

■ カシス 1日
同名の国鉄駅は港から離れている。港へはオーバーニュからバスが出ている。 (エクサンプロヴァンスからオーバーニュはバスで直結されている)
-
-
-