目次に戻る 掲示板で質問する

ローカル鉄道とニースのトラム

無題ドキュメント
ページメニュー
  • 国鉄 ニース-クネオ線
  • プロヴァンス鉄道
  • ニースのトラム
トピックス
国鉄 ニース-クネオ線

■ ニースとイタリアのクネオの間は単線の山岳路線線路で結ばれている。 ぐ未電化、単線で一部、イタリア国鉄と相互乗り入れになっている。

■ 国鉄のニース駅を出た列車は谷をのぼり、まもなく長いトンネルをくぐる。 こうして出るのがソスペル。 ここは趣きのある谷あいの町である。

■ ソスペルからもう一度トンネルをくぐって次のロワヤの谷に出る。出口の町がブレイユ。 この駅にはイタリアのヴァンティミルからイタリア国鉄の気動車が上がってくる。

■ このあと、さらに北上する列車はサオルジュの駅に止まる。 サオルジュの村は駅から徒歩20分くらい離れているが、なかなか趣があり、かつ眺めのいいところでおすすめ。

■ さらにトンネルをくぐりながら着くのがラ・ブリーグ。ここもかわいい谷あいの町である。
そしてフランス最後の町、タンド。 もうイタリアとの国境の山並みが目の前にそびえており、 これをトンネルでくぐると本当のイタリアにある。フランス国鉄の列車はここで折り返す。

■ この路線、かつては栄えたらしく、どの駅舎もばかでかい。しかし、現在は、利用者が激減し、両国鉄ともにダイヤ改正の度に減便している。

■ 効率よく旅程を組むには、時刻表を徹底的に読みくだこう。
タンドに入ってくるイタリア国鉄の古い気動車
タンドの町を振り返る。
ニースからやってきたフランス国鉄の新型気動車
-

プロヴァンス鉄

プロヴァンス鉄道はニースと山の向こうのディーニュの間の151キロを3時間で結ぶ狭軌の私鉄。 ディーゼルエンジンを回して時速70キロ近い高速でぶっとばす。列車には冷房とトイレが設備されている。

この20年間、車両は何度か更新されたが、ダイヤはほぼ同じまま。利用者がそれほど減少しないのが救いだ。通しで乗る観光客も少なくない。

大部分はヴァール川の谷底を走るので広々とした高原的な眺めは St. Andre の近くに限られる。 谷の絶壁の上に鷹の巣村が見えたりして、楽しめる。

沿線の駅はほとんど無人だが、駅舎は大変立派で、往時は沿線の人口も多く、大切な動脈だったことがうかがえる。 この路線が今も維持されていることは驚き。休日は、かなり混みあう。全席、自由。

夏には観光用に蒸気機関車が走る。(詳しくは同鉄道のサイトで)

旅程の組み方とおすすめの途中下車ポイント
1日5往復のダイヤはもう何年も変わっていない。おのずとニース発は朝の9時の便になる。 ニースから日帰りの場合、最低、2ヶ所はまわりたい。(ダイヤを入念に調べて計画すると、 1日3ヶ所めぐるのも可能)

もちろんディーニュまで通しで乗ってプロヴァンス地方に抜けてしまうのもいいだろう。
おすすめの下車観光スポット:
  • Touet-sur-Var
  • Puget-Theniers
  • Entrevaux
  • Annot
ニース駅へのアクセス
プロヴァンス鉄道のニース駅は国鉄駅から直線距離で300mほど山側にある。

もう1つの起点、ディーニュ駅は市心やバスターミナルから多少離れた場所にある。

アントルボーに入ってくる古い気動車
トゥーエットの駅舎
山奥を走る。

ニースのトラム
【ニースにトラムが定着】

欧米では、LTRという呼称で市内電車を復活する動きが盛んである。フランスでも、ソトラスブールなどが成功例とされている。

ニースのトラムには大勢の市民に利用されており、自動車(バス)からより環境にやさしいトラムへの移行は大成功と言える。
【営業中の1号線】
1号線はV字型をしており、Vの底がマセナ広場。
【旅行者にとっての利用価値】
旅行者にとって一番利用価値のあるのは国鉄駅とマセナ広場や旧市街の間の移動でしょう。 駅を出てバス通りを左に400mほど行ったメドサン通りにある「Gare Thiers駅」から乗車する。

「Gare Thiers駅」を出たトラムはマセナ広場まで下り、そこで左に曲がる。 なので、海へ行くには「Massena駅」で降りましょう。旧市街へは「Cathedrale Vieille Ville駅」下車する。

【ハイテクトラム】
1編成が5ユニットからなり、小回りがきくこの乗り物は、技術の粋を集められており、 「路面との段差が階段1ステップくらいしかない低い床」「横に走るエレベーターのような滑らかな乗り心地」 「広場に架線のための電柱を張らなくてもよいよう、床下に二次電池を装備」なのです。 したがって、トラムは広場に入る前の停留所でパンタグラフを下ろしてバッテリーで走り、広場から出る停留所で再びパンタグラフを上げます。 これにより広場は電柱も架線もなく、すっきりしています。

【乗り方】

国停留所に切符の自動販売機がありる。ここで購入する切符はバスと同じ。4ユーロの1日パスも買える。 乗車したら刻印するのもバスと同じ。
床が低いので、スーツケースを持ち込むのもそれほど苦にならない。

-
低い床の下にはバッテリーがある
マセナ広場
切符自販機は使いにくい。
Gare Thiers駅