目次に戻る 掲示板で質問する

コートダジュール観光と宿泊地選び

無題ドキュメント
ページメニュー
  • コートダジュールの観光とホテル選び
  • コートダジュール、宿泊地の選択基準
  • ニース観光とホテル選び
  • マントン観光とホテル選
  • ロッキュブリュンヌ観光とホテル選び
  • モナコ観光とホテル選び
  • エズ観光とホテル選び
  • ボーリュ、サンジャン、ヴィルフランシュの観光とホテル選び
  • アンティーブ、ジュアンレパン観光とホテル選び
  • カンヌ観光とホテル選び
  • サントロペ観光とホテル選び
トピックス
コートダジュールの観光とホテル選び
■ コートダジュールと言えば、通常、西のサントロペからイタリア国境のマントンまでをさします。 空路で入るにせよ、鉄道で入るにしろ、ニースがゲートウエイになることが多いでしょう。

■ ニースからは、マントンやカンヌにむけて海岸沿いに路線バスが頻発しているので、滞在拠点としては有力候補になります。 ただ、1週間とか長期間滞在を考えるなら、ニースの喧噪を避けて、比較的小さな海沿いの町を選ぶことをおすすめします。
■ 下の写真はニース空港を離陸してゆっくり右旋回中のコルシカ行き飛行機から撮影したものです。
■ 左から右へ、ニースの市街、ボロン山、ヴィルフランシュの湾、フェラ岬、ボーリュの湾、エズの崖、モナコ、 マントンそしてイタリア国境がよく見えています。白いのは、メルカントゥールの山々。
コートダジュールの要部
-

コートダジュール、宿泊地の選択基準

 「1週間ほど滞在したいけど、どこの町がいいでしょうか」 という疑問に対する答えをネット上で見つけるのは容易ではないと思います。口コミサイト、ブログ等の記事は 「自分が1回行ったときはこうだった」 という内容で、実体験にもとずく比較評価ではない からです。

 南仏ドットコム管理人は、20年ちかくにわたって南仏を泊まり歩いています。その、自分自身の宿泊体験から、コートダジュールエリアにおける宿泊地の比較を書きましょう。
 マントン、ロッキュブリュンヌ
たいへん美しいエリアですが、東はイタリアで行き止まり。また、ニースまで遠いのも難点。
 モナコ
高いので、わざわざ狭い狭い王国に泊まることもないでしょう。
 エズ
1泊はいいかもしれないが、どこへ行くにも遠いので、連泊はおすすめではありません。買い物にも不便。
 ボーリュ
バス、電車がともに使え、スーパーやレストランに不自由しない。リッチな雰囲気で、安全性が高い。
 サンジャン港
買い物、レストランは不自由しない。ただ、電車の駅からは遠いのでタクしー必須。安全性が高いです。
 ヴィルフランシュ
いろんなグレードのホテルがあり、買い物、レストランも便利。バスに乗れば、ニース市内もすぐそこ。
ただ、街全体が急斜面に立地しているので、歩くのがしんどいかも。
 ニース
- やばそうな人がたむろしていて、いつも気を抜けない。
- 海岸が平板。
- 交通量の多い通りが走っており、リラックスできない。
 カーニュ
ニースに近くていいかもしれないが、海岸が平板で、広い通りが走っている。
 アンティーブ
- 観光地としての性格と居住地としての性格を兼ね備えており、得点は高い。
- すべてのTGVが止まるため、東のヴィルフランシュ等より便利。
- 夜の街も決して物騒な雰囲気ではない。
- ニースまでバスで行こうとすると、かなり時間がかかる。
 サンポール、グラース等
ちょっと山の中になるので、車がない限り、メリットは薄い。
 カンヌ
カンヌ自体はそれほど見るところがないので、ベースにする意味は少ない。
王宮からの眺め
*

ニース観光とホテル選び
【ニースのホテル選び】

■ 超高級から格安まで非常に多くのホテルがあり、「おすすめ」の提案は非常に困難です。

■ 地理的に 「駅周辺」「海岸通り」「旧市街」「空港」に区分されます。旧市街は、バスターミナルとおなじと思って良いでしょう。

■ 駅付近は、国鉄での移動が多い場合におすすめですが、リゾート気分には欠けます。 ニース観光のためには、多少なりとも海に近いところがよいでしょう。

■ ニースは、海岸沿いを幹線道路が走っており、海ものっぺりしています。 もし海辺のリゾート気分にたっぷり浸りたいなら、モナコ方面あるいはカンヌ方面に逃避することをおすすめします。

■ 空港近くのホテルは、早朝のフライトを使うときにはメリットがありますが、ニース市心からなら、当日の朝の移動でも十分です。
眼下が旧市街、左手の先が空港
-

マントン観光とホテル選び

イタリア国境の町、マントンは美しい港と旧市街、背後の崖にへばりつく鷹巣村、となかなか魅惑的です。 ただ、コートダジュール全体から見れば東にはずれているので、観光拠点としての利便性では劣ります。 長期滞在用のアパートもあるので、のんびりする向きには好適です。

マントンの港
-

ロッキュブリュンヌ観光とホテル選び
ロッキュブリュンヌは美しい村ですが、メインのバス道路や駅からはだいぶ上がることになります。 100番バスを下りて階段を上るか、村まで来るXXX番バスを利用します。 この村にも宿泊施設がありますが、連泊することはないように思います。
ロッキュブリュンヌ方面を見下ろす
-

モナコ観光とホテル選び

連泊したいとは思いませんが、カジノの町の夜を楽しむにはいいかもしれません。 モナコに区分させている町でも、実際は国境を越えたフランスに所在するものも多くあります。

ニースへ帰る電車は遅くまであるし、最悪、タクシーでも帰れます。
王宮からの眺め
-

エズ観光とホテル選び

エズには有名なホテルが何軒かあるので、一度は体験してみるのもいいかもしれません。運がよいと、客室からコルシカが見えるかも。

ただ、どこへ出るにも不便なので、車が無い限り、連泊はお勧めしません。

-
-

ボーリュ、サンジャン、ヴィルフランシュの観光とホテル選び

■ ニースからマントンに向かう100番バスは、ヴィルフランシュ、ボーリュの順に通ります。
これら3つの町は隣り合っているので一括して扱います。

■ ニースからサンジャン港に向かう81番バスは、ヴィルフランシュ、ボーリュ、サンジャン港の順に進みます。

■ 2台のライブカメラは、ボーリュとヴィルフランシュの境界にあるポンサンジャン交差点に設置されており、 互いに180度ほど違った方向を向いています。一帯がまさにコートダジュールの風光であることが分かることと思います。

■ 3つの町の中で、ボーリュが一番大きく、駅前にはタクシーが常駐するとともに、大きなスーパーもあるので一番便利です。

■ ヴィルフランシュは、メインのバス通りと海岸の間に大きな高度差があるのが難点です。

■ サンジャンは、81番のバスしか来ないことを除けば魅力的な港町です。小さなスーパーもあります。

ボーリュ
ヴィルフランシュ
ヴィルフランシュ湾
-

アンティーブ、ジュアンレパン観光とホテル選び

■ アンティーブは、リゾート観光地としての特徴と生活の場としての特徴を兼ね備えた、不思議な魅力を持っています。 食品は、アーケードになったプロヴァンス市場でも、スーパーでも買うことが出来ます。

■ 国鉄はすべてのTGVが止まるし、いざとなれば空港までタクシーでとばせるので長期滞在には向いているでしょう。 その場合は、駅から徒歩圏内にあるアパートがよいかも知れません。

■ ジュアンレパンは、駅と海岸が接近しており、その間に多くの宿泊施設があるのが魅力です。 大きなスーパーもあります。ただ、主要駅ではないので止まらない列車が多くなります。 アンティーブとジュアンレパンは家並みが続いています。

アンティーブ港
-

カンヌ観光とホテル選び

海岸線に高級ホテルが並んでいますが、場所を変えれば、「高級ではない」ホテルも多くあります。 車の場合は、高速インターに近いところにあるホテルを選ぶのも一案です。(海岸近くの駐車場は高い)

カンヌ(Shige さん提供)
サントノラ島の僧院
-

サントロペ観光とホテル選び

■ サントロペは、有名なリゾート地。美しい港と美術館、高級ブティーク。近郊には小さな村も点在し、それなりにいい雰囲気です。 車なら、ル・ラヴァンデゥーやボルムレミモザもすぐです。

■ しかし、サントロペへのアクセスはあまりよくありません。 ニース方面からだと、サン・ラファエルからバス。マルセーユ方面からだと、トゥーロンからバスになります。 自分で運転するにしても、ちょっといやになる道です。

■ 季節限定ですが、カンヌから直通の船が出ています。また、お金持ちの方は、ニース空港からヘリが使えます。

サントロペ
-